入所案内

ご利用案内

長渕園は、昭和60年開設、定員100名の特別養護老人ホームです。平成12年4月からは介護保険の介護老人福祉施設として、介護サービスを提供し提供しています。利用者おひとりお一人がその人らしい生活が出来る介護を目指すとともに、利用者の健康管理も医師(非常勤)が週3回の診察、健康診断にあたり、協力病院とも提携し、安心して入所利用いただける施設をめざしています。

入所案内送付

お電話にて入所案内を請求してください。

電話:0428-23-6776

送付資料

  1. 施設利用申込書(ピンク色の用紙)
  2. 入所申込み書兼調査票(優先度調査)(ブルー色の用紙)
  3. 入所案内資料
  4. 介護老人福祉施設長渕園利用契約書(見本)
  5. 契約書別紙(見本)
  6. 介護老人福祉施設重要事項説明書(見本)
  7. パンフレット
  8. 長渕園介護老人福祉施設入所指針(優先度順位)
  9. 長渕園での利用者負担費用

入所ご希望の場合、上記1)入所希望受付書、2)入所申込書兼調査書(優先度調査)をご記入の上、3)医療情報提供書を添え、長渕園宛郵送ください。

後日、入所可能な場合、施設職員が入所案内、面接調査に赴きます。

利用の際に用意していただくもの

(1)入所契約に必要なもの

  • 印鑑《利用者》、印鑑《代理人》(契約時に署名捺印が必要となります) 2個必要
  • 転出証明書(施設入所前:2週間前より可能)

    (転出申請時に、国民健康保険被保険者証、介護保険被保険者証の新住所:

    青梅市長淵5丁目1421-14(特別養護老人ホーム長渕園)への書き換えを、申請ください)
  • 新住所(長渕園へ)転入申請(当日の入所日)

    (上記転出転入を、ご家族で手続きくださるよう依頼いたします。青梅市への転入は、当日の入所日に青梅市役所にて、可能です。)
  • 住民票(青梅市)
    1. 医療保険被保険者証・介護保険被保険者証

      (新住所:青梅市長淵5丁目1421-14(特別養護老人ホーム長渕園)に住所書き換え申請終了ください)
    2. 国民健康保険被保険者証・介護保険被保険者証は、上記の通り、転出申請時に転出元区市町村にて行なってください。)

      健康保険組合、公務員等共済組合健康保険被保険者証は、各組合から、住所変更(本人)又は遠隔地被保険証(扶養)を取得ください。)

(2)医療等を受けるために必要な書類

  • 健康保険証、老人医療証(上記住所変更されたもの)
  • 後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証
  • 身体障害者手帳(お持ちの方)
  • 障害者医療証をお持ちの方は○障受給者証交付状況連絡票
  • 医療機関にかかっている方は診療情報提供書
  • 他施設・病院から来られる方は経過表等(看護サマリー)

(3) 介護費用及び食費の自己負担分、日用品支払いのため必要なもの

  • みずほファクター(株)による預金口座振替・自動払込を、利用いただきたくお願い致します。

    みずほファクター預金口座振替・自動払込利用契約のため、利用者・又はご家族(支払人)名義の口座(銀行、金庫、組合、農協、郵便局が利用いただけます)通帳、印鑑を持参ください。

(4)個人費用支払事務を園が代行するため必要なもの

(菓子果物、嗜好品、身の回り品他、個人が依頼される商店より購入されるもの、医療費等、で商店、病院等への支払事務を園が代行するもの)

  • 青梅信用金庫にご本人名義の預金開設を依頼いたします。

    通帳、印鑑は園にて預かります。新しい印鑑を準備ください。

    (詳しくはページ7を参照ください)
  • 現金5万円

    新規通帳作成時にお預かりします。

衣料品

  • 普段着 上下5着 (着脱が簡単なもの)
  • 下着(肌着)上下5着
  • パジャマ 2着(スウエット・ジャージ可)
  • 靴下 7足
  • カーディガン・セーター 1着
  • 上履き 2足(リハビリシューズ等)
    • ※失禁等で衣類を汚される方は1日に何度も着替えることがありますので多めに用意してください
    • ※衣類には、名前を記入して下さい
  • バスタオル 2枚
  • フェイスタオル 5枚
    • 洗面用具は園で用意します(日用品として個人負担)
    • 持ち物にはすべて名前を記入してください
    • 洗濯は施設サービス利用料金内として園でいたしますが、洗濯が困難と思われるものについては、クリーニング店に依頼となります(この場合は自己負担となります)

医療について

医師・看護師が皆さんの健康管理をします

  • 内科医は週3日(月,水,金 13:30-15:00)勤務しております。
    • 面接等を希望される方は医務室まで事前にご連絡ください。
    • 薬処方は、医療保険による個人負担(自費分)となります。
  • 歯科医の巡回診療が月に2度あります(医療保険)
  • 外科・眼科・皮膚科等の受診が必要な場合は提携医療機関へ受診となります。(医療保険)

    (園で送迎いたします。協力病院以外は、送迎費が自己負担となります)
  • 医師の判断により入院が必要と認められる場合には提携医療機関、他へ入院となることがあります。(医療保険)

    入院の際、入院申込書、入院保証金等が、また、退院に際しては、入院費精算が通常必要です。これらは、ご家族による手続きを原則お願い致します。

嗜好品等について

毎週日曜日に寮母カウンターにて菓子・果物・その他必要な物の買物依頼を受け付けます(会計はすべて個人費用支払事務園代行契約で行ないます。高額な買物等はご家族に依頼いたします。)

食品の差し入れ・持ち込みについて

  • 生もの、調理品の差し入れ・持ち込みはご遠慮願います(食中毒等防止のため)
  • 食事制限のある方がいらっしゃいますので寮母にお知らせください
  • 事故防止のため他の利用者の方へのお裾分けはご遠慮ください

面会について

1階玄関に面会簿がありますので来園時に記入をお願いいたします

(面会時間は午前9時から午後6時となっておりますが時間外の場合はご連絡ください)

外出・外泊について

医務室まで事前にご連絡ください

(医師・看護婦が体調等のチェックをいたします)

日常の様子について

  • お電話をいただければ、利用者の方にお取次ぎいたします
  • 生活の様子・体調等については看護婦がお答えいたします
  • 日常生活等に関するお問い合わせ・ご相談は生活相談員がお答えいたします

注意事項

  • 面会は利用者の方にとって非常に大切な意味がありますので入所前の介護疲れがとれましたら面会する機会を持ちスキンシップを図るよう心掛けて下さい
  • 利用者の皆さんにとって危険物になる恐れのあるものは持ち込み出来ません

    例: 刃物(ナイフ、はさみ、かみそり、爪切り等)、針、ガラス製品、火器(マッチ、ライター)、電源を要するもの(ドライヤー等)
  • 現金、貴重品はお預かりできません。

    お小遣い(小額な身の回り品に限る)は、園支払い事務代行預金口座で、管理させていただきます。
  • 飲酒・喫煙について

    受動喫煙防止のため全館禁煙にしており、禁煙に協力ください。飲酒も,健康管理上日常は禁止しています(医師の許可が必要となります)。
  • 宗教活動について

    施設内で他の利用者に入信を進める等の行為はご遠慮ください
  • ご家族の連絡先等が変更になった場合は速やかに園にご連絡ください

1.指定施設サービス費 介護福祉施設 利用料金

(1)介護保険対象―介護福祉施設サービス費(多床室)

①基本料金(施設利用料)

区分 1日当りの施設利用料 備考
要介護1 651 円  
要介護2 721 円
要介護3 795 円
要介護4 866 円
要介護5 936 円

入院・外泊等の場合(1ヶ月に6日を限度として)253円/日

基本②加算料金

区分 1日当りの

施設利用料
備考
初期加算 31円 30日を限度とする。
看護体制加算 (Ⅰ)4円
(Ⅱ)9円
常勤看護師1名以上配置
利用者25名で看護職員1名以上
病院等へ24時間連絡体制
個別機能訓練加算 13円  
精神科医療用指導加算 6円  
栄養マネージメン加算 15円  
経口移行加算 29円 経口摂取に移行する為の栄養管理実施した場合
経口維持加算 (Ⅰ)29円
(Ⅱ)6円
著しい摂食機能障害を有し誤嚥が認められる
摂食機能障害を有し誤嚥がみとめられる
口腔機能維持管理体制加算 31円 ※1ヶ月当りの施設利用料
口腔ケアに係る技術的助言及び指導
療養食加算 24円 療養食を提供した場合
看取り介護加算 83円
699円
1315円
死亡日以前4日以上~30日以下
死亡日以前2日又は3日
死亡日
日常生活継続支援加算 24円 ① 介護度4~5の割合が70%以上又は、認知症日常生活自立度Ⅲ以上の割合が65%以上
②介護福祉士が入所者6ごとに1以上
①②の両方必要
若年性認知症入所者加算 124円  
夜勤職員配置加算 14円 夜勤を行う介護職員・看護職員の数が最低基準1以上
認知症行動・心理症状緊急対応加算 206円 認知症の症状が悪化し緊急に施設サービスを行った場合
退所時等相談援助加算、在宅復帰支援機能加算、在宅・入所相互利用加算あり    
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 総単位数の1000分の25に相当する単位数で計算した額

[運営規程別紙]別紙2/3

2.利用料金 指定居宅サービス・短期入所生活介護(空床型)

(1)介護保険対象―併設型短期入所生活介護費(多床室)

①基本料金(施設利用料)

区分 1日当りの施設利用料 備考
要支援1 515 円  
要支援2 633 円
要介護1 704 円
要介護2 775 円
要介護3 848 円
要介護4 920 円
要介護5 990 円

利用料算定は利用日数合計でなされる為、最小単位数値は上記とは異なる。

  • 施設利用料(機能訓練体制加算あり
  • 利用料算定は利用日数合計でなされる為、最小単位数値は上記とは異なる

②加算料金

区分 1日当りの施設利用料 介護保険適用時の1日当りの施設利用料
看護体制加算 (Ⅰ) 41円
(Ⅱ) 82円
     4円
8円
若年性認知症入所者受入加算 1232円 124円
サービス提供体制強化加算
(Ⅲ)
 
 61円
  
7円
送迎を行う場合の加算
(片道の送迎毎)
1、889円 189円
夜勤職員配置加算 133円 14円
機能訓練体制加算 123円   12円
療養食加算
(療養食を提供した場合)
236円 24円
認知症行動・心理症状緊急対応加算 2、054円 206円
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 総単位数の1000分の25に相当する単位数で計算した額

[運営規程別紙]別紙3/3

3.介護保険対象外費用(その1)

①特定入所者介護サービス費に関する滞在費及び食費 (単位:円/日)

介護福祉施設(多床室)・併設型短期入所生活介護費(多床室)

多床室における 食費 居住費
基準費用額(第4段階) 1420 320
利用者負担第1段階 300   0
利用者負担第2段階 390 320
利用者負担第3段階 650 320

(短期の場合は食費は朝食410円、昼食550円、夕食460円で設定しています。)

4.介護保険対象外費用(その2)

利用者、またはその家族等の自由な選択に基づき、施設が介護等の提供の一環として提供する日常生活上の便宜にかかわる経費であり、利用者の希望によりサービスが提供されます。

4-1 預り金管理および利用者の希望による援助にかかわる料金

1)預かり金管理料

預かり金管理費 預かり金の出納管理にかかわる費用
 1日当たり 100 円
預かり金管理申し込み書で申し込みください。

2) 施設サービスの提供とは関係のない費用(利用者の希望による援助)

入院時他代行・付き添い 入院病院訪問・事務代行 1,500 円/1回
施設利用時外(入院時等)の荷物預料 50 円/日
施設利用時外(入院時等)の洗濯サービス料 800 円/1回
遠方(青梅市外)の入退院時ほか、交通費 200 円/Km
通院送迎付き添い費(協力病院以外) 1,000 円/1回
通院送迎付き添い費(協力病院) 負担無  
その他のサービス 買物他個人外出付添い 1,000 円/1時間
特別な買い物代行(販売会ほか、共同購入代行を除く) 500 円/1回
行政他、事務手続き代行(介護保険、入退所手続き他日常生活の事務代行を除く) 500 円/1回
遠方(青梅市外)の入退所ほか、交通費 200 円/Km

4-2

①その他の日常生活費

 利用者、またはその家族等の自由な選択に基づき、施設が介護等の提供の一環として提供する日常生活上の便宜にかかわる経費

(1)その他の日常生活費
ア 身の回りとして日常生活に必要なもの
次のパックまたは個別購入が選択できます

 

 身の回り品 パックA 日用品パックA
化粧水、歯ブラシ、歯磨き粉、テッシュペーパー(共用を除く)
150円/日
パックB 日用品パックB(日用品パックAに加え)
義歯洗浄剤、入れ歯用ブラシ、髭剃りセット、整髪料、
180円/日
個別購入 日用品希望個別購入 実費
イ 教養娯楽費 実費
ウ 健康管理費  
  新型インフルエンザ予防接種費 (都度申し込み確認) 実費
エ テレビ等居室持ち込み私物家電製品の電気代(電気毛布等は持ち込み禁止) 20円/日
オ 預かり金の出納管理(別途契約) 100円/日
(2)特別な施設サービス
  理美容代 実費
(3)施設サービスの提供とは関係のない費用
  家族会(入会申込) 200円/月   
  旅行等特別な行事 実費
  外部のクリーニング店利用 直接支払い
  商店よりの購入品

その他詳しい料金の内容は、「介護老人福祉施設長渕園重要事項説明書」をご覧ください。

ページトップへ戻る

「ホーム」へ戻る

コメントは受け付けていません。